昭和歌謡LOVE

昭和の歌謡曲を紹介していきます。

3月は別れの季節。花が咲いてくるのにね。「春なのに」

http://www.flickr.com/photos/19720483@N04/3008491313
photo by shinealight
リリース:1983.11.11
作曲:中島みゆき
作詞:中島みゆき
歌手:柏原よしえ

卒業だけが理由でしょうか
会えなくなるねと右手を出して
さみしくなるよ それだけですか
むこうで友達呼んでますね
流れる季節たちを
微笑みで送りたいけれど
春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
春なのに 春なのに
ため息 またひとつ

卒業しても 白い喫茶店
今までどおりに会えますねと
君の話はなんだたのと
きかれるまでは言う気でした
記念にください ボタンをひとつ
青い空に捨てます
春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
春なのに 春なのに
ため息 またひとつ

記念にください ボタンをひとつ
青い空に捨てます
春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
春なのに 春なのに
ため息 またひとつ


柏原芳恵 春なのに - YouTube

この曲は中島みゆきの歌なんですね。
だから詞がこんなに切ないのか。

もらったボタン捨てようとするんですね。

なんとも言えない乙女心。

春なのに

春なのに

青春歌年鑑 1983

青春歌年鑑 1983

春なのにね…。


広告を非表示にする