読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和歌謡LOVE

昭和の歌謡曲を紹介していきます。

穏やかな春の季節にある雷、そして季節は流れていく「春雷」

http://www.flickr.com/photos/48896557@N00/7251901714
photo by Striking Photography by Bo Insogna

リリース:1979.2.25

作詞・作曲:山本康世

歌手:ふきのとう

突然の雷が酔心地 春の宵に
このままじゃ夜明けまで野ざらし ずぶ濡れ
春の雷に 白い花が散り
桜花吹雪 風に消えていく

過ぎた日を懐かしみ 肩組んで涙ぐんで
別れたあいつは今 寒くないだろうか
春の雷に 帰るあてもなく
桜花吹雪 家路たどるふり

声なき花の姿人は 何を思うのだろう
まして散りゆく 姿 この世の運命を
春の雷に散るな 今すぐに
桜花吹雪 命つづくまで

春の雷に散るな 今すぐに
桜花吹雪 命つづくまで


春雷 ふきのとう(歌詞付き) - YouTube

春雷 しゅんらい

初めて聞く言葉だった。

ある人が私にyoutubeでこれを流してほしいといった。

世の中にまだまだ素敵な歌はあると思った。

ふきのとう スーパー・ヒット

ふきのとう スーパー・ヒット

広告を非表示にする