昭和歌謡LOVE

昭和の歌謡曲を紹介していきます。

天使が降りてきそうな空はどんな空だろう 「ベルベット・イースター」

http://www.flickr.com/photos/44345361@N06/5642295169
photo by VinothChandar

リリース:1973
作詞・作曲:荒井由実 歌手:松任谷由実

ベルベット・イースター
小雨の朝
光るしずく 窓にいっぱい
ベルベット・イースター
むかえに来て
まだ眠いけどドアをたたいて

空がとってもひくい
天使が降りてきそうなほど
いちばん好きな季節
いつもとちがう日曜日なの

ベルベット・イースター
きのう買った
白い帽子 花にかざり
ベルベット・イースター
むかしママが好きだった
ブーツはいていこう

空がとってもひくい
天使が降りてきそうなほど
いちばん好きな季節
いつもとちがう日曜日なの
ラー、ララララ・・・


ユーミン、ロシアで歌う ベルベットイースター - YouTube

翳りゆく部屋/ベルベット・イースター

翳りゆく部屋/ベルベット・イースター


なぜか春になるとユーミンの歌が聞きたくなる。
春だからと浮かれている曲ではないからだろうか。

荒井由実の時代のユーミンはパイプオルガンが背後で流れているような錯覚に陥る。

崇高なものにサポートされているのかわからないが
どうしようもない現実を洗い流してくれる。