読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和歌謡LOVE

昭和の歌謡曲を紹介していきます。

毎日毎日焼かれるのよ~サラリーマン哀歌として「およげ!たいやきくん」

およげ!たいやきくん(DVD付)

リリース:1975年

作詞:高田ひろお

作曲:佐瀬寿一

歌手:子門真人

まいにち まいにち ぼくらは てっぱん

うえでやかれていやになっちゃうよ

あるあさ ぼくは みせのおじさんと

けんかして うみに にげこんだのさ

 

はじめて およいだ うみのそこ

とっても きもちが いいもんだ

おなかのアンコがおもいけど

うみは ひろいぜ こころがはずむ

ももいろサンゴが てをふって

ぼくの およぎを ながめていたよ

 

まいにち まいにち たのしいことばかり

なんぱせんが ぼくの すみかさ

ときどき サメにいじめられるけど

そんなときゃそうさにげるのさ

 

いちにち およげばハラペコさ

めだまも クルクル まわっちゃう

たまには エビでも くわなけりゃ

しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう

いわばのかげから くいつけば

それはちいさなつりばりだった

 

どんなにどんなにもがいても

ハリがのどからとれないよ

はまべでみしらぬおじさんが

ぼくをつりあげびっくりしてた

 

やっぱり ぼくはタイヤキさ

すこし こげあるタイヤキさ

おじさん つばを のみこんで

ぼくをうまそにたべたのさ

 この歌は私が幼稚園の時に流行っていた(年齢がばれますな)

母親がこのタイヤキ君の絵をフェルトに写して鞄に張り付けてくれた記憶がある。

その時はうれしくけっこう歌っていたような。

大人になってサラリーマンになってからこの曲を聞いたらなんか違う思いが湧いて哀しくなった記憶が。

子どもから大人まで好きだったタイヤキ君。

今でもどこかのサラリーマンがネクタイ姿で歌っているのかなー。


およげたいやきくん - YouTube

 

およげ!たいやきくん(DVD付)

およげ!たいやきくん(DVD付)