読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和歌謡LOVE

昭和の歌謡曲を紹介していきます。

愛はこんなに辛いものなら私一人で生きていけない 「九月の雨」 太田裕美

http://www.flickr.com/photos/25384802@N08/9207291316

リリース:1977.9

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌手:太田裕美

車のワイパー透かして見てた

都会にうず巻くイルミネーション

くちびる噛みしめタクシーの中で

あなたの住所をポツリと告げた

September rain rain

九月の雨は冷たくて

September rain rain

想い出にさえ沁みている

愛はこんなに辛いものなら

私ひとりで生きていけない

September rain

九月の雨は冷たくて

 

ガラスを飛び去る公園通り

あなたと座った椅子も濡れている

さっきの電話であなたの肩の

近くで笑った女は誰なの?

September rain rain

九月の雨の静けさが

September rain rain

髪のしずくをふるわせる

愛がこんなに悲しいものなら

あなたの腕にたどりつけない

September rain

九月の雨の静けさが

 

季節にあせない心があれば

人ってどんなに倖福かしら

ライトに浮かんで流れる傘に

あの日の二人が見える気もした

September rain rain

九月の雨は優しくて

September rain rain

涙も洗い流すのね

愛が昨日を消して行くなら

私明日に歩いてくだけ

September rain 

九月の雨は冷たくて

September rain

九月の雨は優しくて

 


九月の雨・太田裕美 - YouTube

 

この歌を初めて聞いたとき、なんてかわいい顔しているのに哀しい歌を歌えるのだろうと思った。

太田裕美さんの歌う歌はなぜかただのアイドルソングじゃないのよね。

どこかに切なさが混じっていて、どうしようもならない思いが現れていて。

 

 この曲も好きです。


さらばシベリア鉄道 荻町 太田裕美 - YouTube